歯周病予防
>歯周病予防

歯周病でお困りの方、歯茎からの出欠などでお困りの方は、高崎の柳沢歯科クリニックにご相談ください。
スタッフ一同皆様のお悩みを解決するために全力を尽くします。

歯周病について知っていますか?

歯周病とは

歯周病とは

「歯茎から血が出る」「口臭が気になる」といった症状はありませんか?
血が出たのは、力を入れてブラッシングをしたからではなく、口臭がきつくなっているのは、食べ物の種類とは関係なく、『歯周病』かもしれません。
物があふれる豊かな日本は、世界でも有数の「歯周病大国」と言われており、30代の約80%が歯周病であると言われています。
歯周病と聞いても多くの方は「歯茎が腫れる程度」だと軽く考えているようですが、それは大きな間違いです。
そもそも歯周病は歯周細菌が歯茎の中に侵入することで発生します。
つまり、歯茎だけでなくさらに進行すれば歯槽骨(あごの骨)という、歯を支える土台にまで炎症が広がります。 こうなると歯を支えること自体が困難となり、歯が抜けることもあります。
歯周病を予防するには、早期発見・早期治療が欠かせません。
少しでもお口に違和感がある方は一度ご来院ください。

歯を失う最大の原因です

歯を失う最大の原因です

「いつまでも自分の歯で過ごしたい」誰もが願うことでしょう。
しかし、実際に自分の歯で一生涯を過ごせる人はいません。
歯を失う原因で最も多いのは「歯周病」だということをご存知ですか?
近年、歯が抜けるという危険性は30代40代から高まっていくのです。

歯周ポケットについて

歯周ポケットについて

みなさんは「歯周ポケット」という言葉を聞いたことはありますか?
歯と歯茎のすき間のことで、健康な状態ではその深さが0~2㎜程度です。
しかし、歯周病で歯茎が炎症を起こしたり、あごの骨が溶けたりすると歯周ポケットはどんどん深くなっていきます。
歯周ポケットが4㎜以上だと確実に歯周病が進行していると考えられ、6㎜以上になると重度の歯周病だと言えます。
この深い歯周ポケットにたくさん歯石がたまり、歯周病菌の温床にもなってしまいます。

歯周病チェックシート

下記の項目の中で当てはまるものが1つでもある場合、早めに歯科医院で診察を受けましょう。

歯ぐきが赤く腫れている 歯と歯の間に隙間ができた
ブラッシング時に出血する 口の中がネバつく
歯がぐらつく 口を開けたまま寝てしまう
歯ぐきがやせてしまい、
歯が長くなった気がする
口臭が気になる

歯周病の進行段階

歯周病の進行段階

歯周病の進行段階は、歯肉炎→軽度歯周炎→中等度歯周炎→重度歯周炎という段階に分けられます。

0~2mmの場合健康で問題ない歯ぐきであるか歯肉炎であることが多い
2~4mmの場合歯周病の初期段階
4~6mmの場合歯周病の中期段階
6mm以上の場合治療に時間のかかるほど進行してしまった歯周病

健康な歯肉

健康な歯肉

健康な歯茎は淡いピンク色で引き締まっています。ブラッシングをしても血が出ることはありません。
歯科医院での定期的なケアと、毎日の正しいブラッシングで最高の歯茎を手に入れませんか?

歯肉炎

歯肉炎

歯茎が赤く腫れています。
固いものだけでなく、ブラッシングでも出血をしてしまいます。歯周ポケットの溝は深くなっている可能性が高いので、早期治療に臨みましょう。
このままでは歯周ポケットに歯垢が溜まりやすくなり、症状が進行する一方です。

軽度の歯周病

軽度の歯周病

歯肉炎からさらに進んだ状態です。
歯茎の腫れや出血だけでなく、あごの骨が溶け始めます。
冷たい物がしみたり、口臭が出始めたりして、周囲に影響を与える可能性があります。この段階の歯周病だと歯周ポケットの深さは4㎜程度となっています。
毎日の正しいブラッシングと早期治療に取り組みましょう。

中程度の歯周病

中程度の歯周病

歯茎の腫れがひどくなり、ぶよぶよしているのが見て分かります。
特に力を入れないブラッシングでも出血があります。歯肉もやせ細り、歯が長くなったように見えることもあります。 こうなると歯が安定しないので、触るとぐらつきます。
この段階の歯周病だと歯周ポケットの深さは最大6㎜程度となっています。

重度の歯周病

重度の歯周病

かなり進行した危険な状態です。
歯茎の腫れ、歯肉のやせ細り、あごの骨の溶解が進み、歯がかなりぐらつきます。歯茎からは出血だけでなく、膿が出ることもあり、口臭もひどく自分でも分かるレベルです。最悪の場合、歯が抜けてしまいます。
この段階の歯周病だと歯周ポケットの深さは6㎜以上もあり、歯垢もたくさん溜まり、歯周病菌の温床となっています。 周りの歯にも影響が及ぶので、必ず歯科医院で治療を受けましょう。

歯周病の原因

生活習慣との関係

生活習慣との関係

歯周病には毎日のブラッシングだけでなく、正しい生活を送ることも重要です。 次のような生活習慣に心当たりのある方は改善をしてください。

1 毎日ブラッシングはしていない
言うまでもなく、食べかすがたまり、歯周病菌の増殖、そこから歯周病・虫歯・口臭悪化などを招きます。

2 タバコを吸っている
タバコは血流の流れを邪魔します。
これは歯を支える組織全体にも通じることで、歯周病が進行しやすい状態を整えていることになります。

3 ストレスを抱えている
一見、歯とは関係なさそうに感じるかもしれませんが、ストレスによって抵抗力が弱まったり、食生活に変化が現れたりします。
これによって、歯や周辺組織にも影響を与えてしまいます。

4 歯ぎしりや噛み締めがある
これは無意識に起こる症状ですが、歯にとっては余計な圧力がかかっているので悪影響です。
歯肉が一気に弱くなり、歯周病が進行しやすい状況を作ってしまいます。

5 口で呼吸をする癖がある
口で直接呼吸をすると乾燥する空気が入ってくるので、口の中も乾燥してしまいます。
乾燥すると歯石が付きやすくなるだけでなく、唾液が十分口内に行き渡らないので、自浄能力が発揮されません。 こうして歯周病菌が増殖してしまうのです。

6 偏食傾向が強い
歯に限ったことではありませんが、偏食は体の抵抗力にも悪影響を与えます。

糖尿病との関係

糖尿病との関係

実は歯周病と関連が大きい症状は「糖尿病」です。
糖尿病は体の免疫力が下がるので、様々な病原菌が増殖しやすくなります。
これは口内における歯周病菌も例外ではありません。この場合は糖尿病もしっかり治療しなければ、免疫力が低いので、歯周病も治りにくくなるのです。

全身疾患との関係

全身疾患との関係

医学の進歩で歯周病は様々な病気を引き起こす可能性があることが発表されました。
それが「糖尿病・心疾患・肺炎など」です。これは口内の歯周病菌が血管などから体内に侵入し、そのまま体各所の内臓に吸収されます。こうなることで、心疾患や肺炎を引き起こすのです。
さらに妊娠中の方は要注意です。産婦人科等の問診でも「虫歯はありますか?」というような質問が見られます。
これも同様に、口内の歯周病菌が胎児に届くことで、低体重児出産や早期出産の可能性が高まります。
「全身の健康はまずお口から」毎日のケアを丁寧に取り組んでいきましょう。

タバコとの関係

タバコとの関係

タバコを吸うと肺が汚れることは有名ですが、その中にある「ニコチン」という成分は血流を悪くする特徴を持っていることはご存知ですか?
そのため、歯茎や周辺組織に十分な栄養や酸素が行き渡らなくなり、歯茎や周辺組織は弱まってしまうのです。 こうなることで歯周病菌に対抗する力も失ってしまいます。

歯周病の治療方法

ブラッシング指導

歯周病・歯肉炎・虫歯も含め、初期段階であれば正しいブラッシングで改善されたり、体にまったく影響のない状態で維持できたりします。
正しいブラッシングとは、ただ丁寧にすれば良いというものではありません。
・正しい歯ブラシの持ち方
・正しい力の入れ方
・正しい毛先の当て方(角度)
これらすべてを高崎の柳沢歯科クリニックでは担当の歯科衛生士が丁寧にアドバイスさせていただきます。

スケーリング(歯石取り)

食べかすなどが残ると、歯垢として歯の表面などにこびりつきます。
これが初期であればブラッシングで除去することもできるのですが、歯石レベルになると不可能です。
この段階だと歯科医院で「スケーラー」と呼ばれる専用器具で除去しなければなりません。
歯石は、毎日丁寧にブラッシングをしていても付着するものなので、定期的に歯科医院で除去することが望ましいでしょう。

ルートプレーニング

歯周病が進行すると歯周ポケットの溝が深くなり、その中にも歯石が付着してしまいます。
これを「スケーラー」で除去することは難しいので、「キュレット」という専用器具を使用します。
キュレットはそのまま歯周ポケットの溝の中に入ることができるので、深い部分の歯石でも確実に除去することができます。

歯周ポケット掻爬(そうは)術

「スケーラー」や「キュレット」を使って歯石を除去しても改善されないことがあります。
可能性としては、まだ見えない深いところに歯石が残っている、または歯茎そのものに歯周病が進行していて歯石の問題ではない、という2つが考えられます。そこで、歯茎に麻酔をかけ、徹底的に歯周ポケット内の歯石除去、加えて歯周病に感染した歯茎を除去する手術を行います。

歯周病の予防方法

正しい歯磨き

正しい歯磨き

毎日丁寧にブラッシングをしても歯周病や虫歯になる可能性があります。
これは「実は正しくブラッシングできていなかった」ということを表しています。
とても残念なことですが、丁寧なブラッシングと正しいブラッシングはまったく別物なのです。
そこで高崎の柳沢歯科クリニックでは、担当の歯科衛生士が「正しいブラッシング」を丁寧にアドバイスさせていただいております。
・正しい歯ブラシの選び方
・正しい歯ブラシの持ち方
・ブラッシング時の正しい力の入れ方
・ブラッシング時の正しい毛先の当て方
また、場合によってはデンタルフロス(歯間ブラシ・糸ようじなど)のご提案、ご使用方法などにも対応し、患者様お一人お一人に合ったブラッシング方法をご提供させていただいております。

PMTC(プロによる歯のクリーニング)

PMTC(プロによる歯のクリーニング)

PMTCとは、Professional(専門家が)Mechanical(専用の機械で)Tooth(歯を)Cleaning(クリーニングをする)の略語です。
つまり、歯科医師や歯科衛生士が専用の機械を使って行う本格的な歯のお掃除になります。
いくら毎日丁寧にブラッシングなどのケアをしていても、取り切れない歯石や汚れ、バイオフィルム(細菌の巣)などが付着しています。こういったものがたまると歯周病や虫歯の原因になってしまいます。
毎日のブラッシングに加え、歯科医院で定期的なクリーニングをしていきましょう。

 

診療時間のご案内
柳沢歯科クリニック
370-0855 群馬県 高崎市 下佐野町716-5
TEL/FAX :027-347-6480(ムシバゼロ)
診療時間: /
(休診:土曜午後 日曜・祝日)
診療時間
10:00~ 13:00
15:00~ 20:00 ×
このページのトップへ