痛くない治療について
>痛くない治療について

痛くない治療をしてほしい、痛いから歯医者には行きたくない!という患者様は、高崎の柳沢歯科クリニックにぜひご相談ください。
下記のようにできる限り痛みの少ない治療をさせていただきます。

歯科治療は、なぜ痛い?

歯医者には行きたくないと思う大きな理由の中に、「治療が痛いから」ということがあります。

では、なぜ歯科治療は痛いのでしょうか?
歯を削ったり、抜いたりといった治療は、物理的に痛みを生じるものです。ただ麻酔をしっかりかけることにより痛みが殆ど無い状態にすることができます。
歯医者に行って治療が痛いという場合は、麻酔が適切に行われていないということが多いです。
麻酔を上手に丁寧に行うことが、痛みの少ない歯科治療にとって重要な事なのです。

当院の麻酔処置について

高崎の柳沢歯科クリニックでは、治療中の痛みをできる限り少なくするために、下記のような取り組みを行っています。

1.必ず表面麻酔を行います。
1.必ず表面麻酔を行います。

麻酔をかけるための注射が痛いという方がいらっしゃるかと思います。

高崎の柳沢歯科クリニックでは麻酔の注射を行う前に、必ず表面麻酔を行います。
表面麻酔を行うことにより、麻酔注射の針が歯肉に刺さる時のチクっとした痛みを軽減することができます。

表面麻酔は、ゼリー状の薬剤を歯肉に塗って、数分置いておくだけで、歯肉表面を麻痺させることができるので、痛みは全くありません。

2.麻酔液を温めます。
2.麻酔液を温めます。

麻酔注射が痛いのは針を刺す時だと思っているかもしれませんが、実は麻酔液を注入するときにも痛みを感じるのです。 麻酔液を体温と同じくらいに温める事によって、身体への刺激を減らして痛みを感じにくくすることができます。これは冬に冷たい水で手を洗う時に痛く感じることと似ています。

3.細い麻酔針を使用します
3.細い麻酔針を使用します

細ければ細いほど、刺した時に感じる痛みは少なくなります。柳沢歯科クリニックでは、歯科用の針の中で1番細い33G(ゲージ)という針を使っています。

4.電動麻酔器を使用します
4.電動麻酔器を使用します

電動麻酔器は、コンピューター制御で麻酔液を注入します。
コンピューター制御で麻酔液を注入するというのはどういうことかというと、麻酔液を一定の量、一定のスピードで注入することが出来るということです。
手動で麻酔を注入すると、どうしても注入するときの量やスピードにブレが生じてしまいます。これが痛みの原因になります。

麻酔が効きにくいときに

患部が炎症を起こしており、麻酔が効きにくいことがあります。その時は、無理な治療をせずに炎症を抑えるために、鎮痛剤を服用していただきます。そうすることで次の治療のときには炎症が収まっているので、麻酔が効きやすくなります。

その他にも、麻酔のしびれた感じが苦手だという方には「スキャンドネストカートリッジ」を使用します。こちらの通常の麻酔薬に比べて、麻酔の効いている時間が半分くらいなので、処置後に長時間麻酔が効いているという状態を回避することができます。

高崎の柳沢歯科クリニックでは、少しでも患者様の痛みを和らげるために様々な取り組みを続けてまいります。恐怖心から痛みが増大するということもございますので、不安に思っていることは何でも教えて下さい。

痛いから歯医者にいきたくないと思っている患者様は、高崎の柳沢歯科クリニックにぜひご来院ください。

診療時間のご案内
柳沢歯科クリニック
370-0855 群馬県 高崎市 下佐野町716-5
TEL/FAX :027-347-6480(ムシバゼロ)
診療時間: /
(休診:土曜午後 日曜・祝日)
診療時間
10:00~ 13:00
15:00~ 20:00 ×
このページのトップへ