スタッフブログ
>
>
神経のある歯とない歯の違い?
神経のある歯とない歯の違い?

神経がない歯は、歯の寿命が短くなっています。

その理由は、

神経を失うことで、歯に栄養がいかないので
枯れ枝と同じでもろくなり

歯が折れる可能性が非常に上がります

なんと神経を取った後は、根が折れるリスクが
50〜100倍に増えます

歯の根が折れると、多くのケースは抜歯になります

歯の寿命を延ばすには、
歯の神経を残すことが大切です。

歯の寿命を延ばす歯科
高崎市柳沢歯科クリニック

2018年10月30日

一覧へ戻る

このページのトップへ